「単相200vの優位性と今後」
日本の一般家庭には単相100V・単相200Vが給電されています。
何故、200Vに優位性があるのかというと、「200Vはバランス給電。100Vはアンバランス給電。」である為です。
200Vは100Vに比べ電流が1/2、電圧降下率が1/4、低ノイズであるため、良質な電源を機器に供給する事が可能です。
日本の電源事情は海外に比べ著しく遅れています。
200V対応機器の普及と日本の一般家庭に給電されるべき電圧はバランス給電の200vという認識が一般的になる日がくる事を切に願います。
一般家庭に単相2線式200Vのみが給電されるようになれば、
電柱→電力計→契約ブレーカー→漏電ブレーカーの接続に使用するケーブルが2線ケーブルになれば施工性が向上し、施工者の負担軽減に繋がります。
また、電圧降下を軽減する為にケーブルを太くする事もしやすくなるでしょう。



「200v導入法」
まずは分電盤のカバーを外して、漏電ブレーカーまたは契約ブレーカーを確認しましょう。
漏電ブレーカー又は契約ブレーカーに赤・白・黒の3本線が接続されていれば、単相200vが給電されている事になります。
契約アンペアが
50Aの場合は給電されている場合が多いです。
40Aの場合は給電されている場合もあれば給電されていない場合もあります。
30Aの場合は給電されていない場合が多いです。